情報ビジネス科の類型選択

 1年生で,ビジネス基礎や簿記,情報処理の授業を通して,商業科目の基礎的な内容を学習します。2年生からは自分の進路目標や得意とする分野,もっと深く学習したい分野のある次の類型から選択して学習します。

 情報システム系では,情報処理で学習した内容からさらに踏み込んだ内容を学習します。具体的には,会社で使われている文書作成ソフトや表計算ソフト,プレゼンテーションソフトの応用的な活用方法や現代社会には欠かすことのできない『ネットワーク技術』や『情報セキュリティ』など,実社会で役に立つコンピュータの知識や技能等を学ぶことができます。

 情報システム系で学べる科目として,「ビジネス情報」,「簿記」,「プログラミング」があります。

 

 ビジネス会計系では,簿記で学習した内容からさらに踏み込んだ内容を学習します。具体的には,会社が取引をする際の商品やお金の流れから,その会社の価値や利益などがわかる資料を作成する仕組みを学習するだけでなく,モノづくりの現場で必要な製品1個がいくらで出来ているか計算する原価計算など,実社会で役立つ知識や技能等を学ぶことができます。

 ビジネス会計系で学べる科目として,「財務会計Ⅰ」,「財務会計Ⅱ」,「原価計算」があります。