情報ビジネス科の特徴

 志高普通科と比較してみると…

特徴① 3年間で学ぶ内容が違う!

 志高普通科のカリキュラムと比べると全体の約4割が「商業」という新しい教科が占めています。志高情報ビジネス科に入学すると次のようなことができます。

  ① 商業に関する専門知識・技術が習得できます。
  ② 社会に出てから必要となるマナーやビジネスの知識を身に付けることができます。
  ③ ビジネスに関するさまざまな検定試験にチャレンジし取得することが可能です。

 また,商業という教科は,中学校には無い教科なので入学後は全員が同じスタートラインから学習がスタートするので頑張りしだいで,得意科目が増え,より充実した高校生活を送ることができます。

 

特徴② 商業に関する多数の検定に挑戦できます!!

 情報ビジネス科では,日々の商業科目の授業で学んだ知識や技能を生かして,全国商業高等学校協会主催の各種検定(下の情報ビジネス科で取得できる検定を参照)にチャレンジし,上位級の取得を目指すことができます。また,全国商業高等学校協会主催の検定1級を3つ以上取得すると全商協会より表彰状と認定証が卒業時にもらえます。

 

特徴③ 2年生から,「情報システム系」と「ビジネス会計系」の2つ類型別に学習!!!

 1年生は,ビジネス基礎や簿記,情報処理の授業を通して,商業科目の基礎的な内容を学習します。2年生からは自分の進路目標や得意とする分野,もっと深く学習したい分野のある類型を選択して学習します。

   

特徴④ 取得した検定を進路達成に生かせる!!!!

  情報ビジネス科で多くの検定を取得できその検定を生かして,推薦入試やAO入試などによる大学や専門学校への進学だけでなく,履歴書の資格や特技でのアピールができることから就職にも有利です。

 また,進学した場合,多くの専門学校などでは取得した検定に応じて,入学金や学費などの減免を行う特待生制度があります。

 

特徴⑤ 南三陸町を盛上げる活動に取組んでいます!!!!!

 情報ビジネス科では,平成22年度より本校がある南三陸町を盛上げる活動「南三陸モアイ化計画」に取組んでいます。東日本大震災後は,津波で流された住民バスを復活させる活動を行い,平成28年12月に町に住民バス「モアイバス」を寄贈することができました。詳しい活動の様子は,こちらクリック!