新着
 平成29年度,志津川高校の生徒に火災予防,その他災害及び応急手当法に関する正しい知識と技術を習得させることにより,将来,地域防災のリーダーとなる人材を育成することを目的に発足しました。  南三陸消防署のご協力により年間を通して規律訓練や炊き出し訓練,南三陸町津波防災訓練への参加,など様々な活動をしています。
 東日本大震災では,本校に国内外から多くの義援金や支援物資,メッセージを賜りました。また,国内外を問わず多くの学校の生徒が来校されるようになりました。本校ではこれまでいただいた支援に応えるため,交流を通して東日本大震災での奥の支援への感謝と震災の経験,町の復興状況などを伝えています。
お知らせ
06/08
パブリック
 
教育目標 中学校における教育の成果を更に発展拡充し、国際社会の有為な形成者として必要資質を養う。 社会において果たさなければならない使命を自覚し、個性に応じて自らの進路を選択できる不屈の意志力と実践力を養う。 どのような社会の変化にも対応できる柔軟な思考力を持ち、豊かな感性と思いやりの心を持った、情操豊かな人格の形成に努める。 教育課程 平成30年度 入学生・実施教育課程表(PDF) 沿革 沿革概要一覧ページ 校章  旭浦の風光明媚と旭館の歴史に育まれたる旭浦大地上に、毅然と立地したわが校の理想を象徴せんとしたものであり、初代尾形文雄校長により三光三濤旭日章と名付けられている。  三光は真を象徴しており、真理を探究し文化国家建設の指標である。  三濤は、荒島の堤防に懐ける水であり、弁天の岬を洗う水であり、即ち瞬時の停滞を見ない太平洋を洗う波を象徴している。  更に中央の円は旭日を象徴している。旭日のまろやかさは平和の象徴であり民主国家の協調性を表している。また、旭は旭館の歴史と旭浦の風光明媚と旭浦大地を象徴している。  かくて校章は、本校創立以来の校訓たる「真・和・敬」の伝統精神を象徴すると共に、青年の明朗性と不撓不...